コンセプト

建築士法と情報収集

※建築士法第21条
建築士は、設計及び工事監理を行うほか、建築工事契約に関する事務、建築工事の指導監督、建築物に関する調査又は鑑定及び建築に関する法令又は条例に基づく手続きの代理等の業務を行うことができる。

※建築士法 第22条
建築は、設計及び工事監理に必要な知識及び技能の維持向上に努めなければならない。

クライアントへの傾聴と情報の収集

スペースを活かす中階段と端階段(狭小住宅)

狭小敷地での建築計画は建築用途によっても階段の位置、構成は大切な課題となります。 
例えば、中階段とした場合、住宅、店舗などの全階一個人使用の向きであり、端階段なら、貸事務所、貸店舗、ワンルームなどに向いています。 
また、避難階段としても重要であり、生活をenjoyする目的としても考慮する必要があります。商業系地域では、特に効率の良さが期待されます。